AdSenseの規約は熟読しておくべき!

deb3ab0175580a5ff97262210316c2d3_s

さてAdSenseでは様々に注意すべき点がございます。非常に厳しい規約が

あり違反をすると報酬が没収される事以外に登録自体が抹消されてしまいます。

そして再申請が困難という事でアドセンスを行っている者は常に規約を意識して
サイトを運営しています。

136c26d4a382f62b540279b3a4c8318a_s

ではどういった事が規約違反になるのでしょうか・・・。
全て記載はしませんので必ずご自分でご一読される事をお勧めいたします。

AdSense プログラム ポリシー

それではいくつか記載していきますのでご確認ください。

・自分で広告をクリックしてはいけない。または友人知人に頼んでクリック
してもらってはいけない。

59d815b060fe388a0d7fef0a98734d7d_s

実は広告主側から見たら当たり前の事で効果のない広告費を払いたくないというのが心情では
ないでしょうか。ですから自分や知人などでクリックし合うのは違反になります。
*誤ってクリックしても対象になってしまいます(最近は見分けてくれるという意見もあり)

・広告への誘導を行ってはいけない
例えば「この広告をクリック↓」などと誘導したり「有益な情報はこちら」など広告の近くに
記載し誘導する事は禁止されています。また広告の上などにスポンサードリンクや広告の2種類の
ラベルで表示する事となっています。

3845ca83bede79c6e657449cbfe7cb05_s

・禁止されているコンテンツへの掲載禁止
公序良俗に反する内容以外にも禁止されていたりしますので注意が必要です。
(1)アダルトコンテンツ
(2)個人集団組織を中傷するコンテンツ。
(3)著作権で保護されているコンテンツ。
(4)薬物、アルコール、タバコに関連したコンテンツ。(ワインは大丈夫らしい)
(5)ギャンブルに関連したコンテンツ。(公営のギャンブルは大丈夫という噂)
(6)ハッキング、クラッキングに関連したコンテンツ。
(7)報酬プログラムを提供するサイト(「報酬提供」サイト)。
(8)Google ブランドを使用しているサイト。
(9)暴力的なコンテンツ。
(10)武器および兵器に関連したコンテンツ。
(11)その他の違法なコンテンツ。
一見すると厳しいように見えますが普通の方が普通に運営するサイトであれば
上記内容は該当しないと思います。

・広告コードの改変改造
アドセンスに登録すると広告サイズなど変更する事ができます。それ以外に自分で
広告コードをいじって変更したりする事が禁止されています。
とにかく与えられた範囲でのコードを貼っていれば問題ないのであまり気にする
事はないと思います。

8f79749597a622ad4c1a2fecf9f69cb4_s

他にも様々に規約はありますのでご自分で確認をお願いします。

私も日々気を付けているのが自己クリックです、サイトの確認をする為に自分のサイトを
開くことが多々あると思います、そんな時にポインタが広告の上にいたりしてびっくりする
事があります。故意にクリックするつもりはなくともクリックしてしまう可能性もありますので
十分に注意が必要です。

関連記事

return top